ダイエット サプリ

ダイエット サプリで補う

最近、ダイエットサプリと称するサプリメントをよく見かけますよね。
日本人の食生活は過去40年で随分変わりました。

 

従来は、糖質を中心とした食事でした。
しかし、食事の欧米化により脂質の多い食事に変化してきています。

 

「日本人の食事摂取基準(2010年版)では、1歳以上の男女すべての年齢で、
炭水化物の摂取量を1日の総エネルギー消費量の
少なくとも50%以上70%未満とすることが望ましいとしています。

 

しかし、現代人、特に若い世代では、脂肪エネルギー比率が高く、
炭水化物の摂取量は少なくなっています。

 

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたもののことです。
糖質は4kcal/gで、脂質は9kcal/gとなっていて、
糖質の方が同じ量を食べてもカロリーが低いのです。

 

また、炭水化物の摂取量が少なくなっているので、
当然のことながら、食物繊維の摂取量も不足しています。

 

このため、18歳以上のすべての年齢において、
1日あたり、男性は19g以上、女性は17g以上を摂取することを基準としています。

 

しかしながら、厚生労働省の「平成22年国民健康・栄養調査」では、
20〜29歳の男性の食物繊維の摂取量は11.9g、30〜39歳の男性では13.1g、
40〜49歳の男性では12.6gとなっており、基準には届かない数値となっています。

 

女性の方も、20〜29歳では11.3g、30〜39歳では12.7g、40〜49歳では12.0gとなっていて、
やはり基準値には及びません。
脂質でカロリーを摂っていると、食物繊維を含む炭水化物の摂取がおざなりになりがちです。

ダイエットサプリメントで効果

食物繊維には、便秘を予防したり、血糖値の上昇を抑制したり、糖尿病を予防したり、
血中コレステロール値の上昇を抑制したり、正常化したり、動脈硬化を予防したり、
満腹感を維持したり、有害物質の吸収を阻害したり、
などなど肥満防止にとっても嬉しい働きがたくさんあるのです。

 

世の中には様々なダイエットサプリがありますが、
食物繊維が配合されているものが多いのは、このような背景と理由があるのです。

 

外食中心の食生活を送ってらっしゃる方は、まずは油っこいメニューを選ぶのではなく、
野菜や果物、海藻やきのこなどを使ったメニューを選ぶようにしてみましょう。

 

そして、油っこいメニューが続いてしまったときは、
食物繊維を配合したダイエットサプリメントを飲んでみるとよいでしょう。
サプリメントを飲むときは、しっかりとお水を飲むことを忘れないようにしてくださいね。

食物繊維には、便秘を予防したり、血糖値の上昇を抑制したり、糖尿病を予防したり、
血中コレステロール値の上昇を抑制したり、正常化したり、動脈硬化を予防したり、
満腹感を維持したり、有害物質の吸収を阻害したり、
などなど肥満防止にとっても嬉しい働きがたくさんあるのです。

 

世の中には様々なダイエットサプリがありますが、
食物繊維が配合されているものが多いのは、このような背景と理由があるのです。

 

外食中心の食生活を送ってらっしゃる方は、まずは油っこいメニューを選ぶのではなく、
野菜や果物、海藻やきのこなどを使ったメニューを選ぶようにしてみましょう。

 

そして、油っこいメニューが続いてしまったときは、
食物繊維を配合したダイエットサプリメントを飲んでみるとよいでしょう。
サプリメントを飲むときは、しっかりとお水を飲むことを忘れないようにしてくださいね。

ダイエット サプリ記事一覧

ダイエット サプリ 効果

販売されている数々のダイエットサプリメントの成分を見てみると、細かな違いはありますが、ビタミンB群と食物繊維、難消化性糖類が配合されているものがほとんどです。これらはどのように肥満防止に効果的なのかご説明していきたいと思います。どのような食品に含まれているかも記述しますので、ご参考にしてください。ま...

≫続きを読む