ダイエット サプリ 効果

ダイエットサプリの成分

販売されている数々のダイエットサプリメントの成分を見てみると、
細かな違いはありますが、ビタミンB群と食物繊維、
難消化性糖類が配合されているものがほとんどです。

 

これらはどのように肥満防止に効果的なのかご説明していきたいと思います。
どのような食品に含まれているかも記述しますので、ご参考にしてください。
まずはビタミンB群から見てみましょう。

 

ビタミンB1(チアミン)…糖質の代謝に関係しています。
胃液の分泌を高める働きをします。
穀類の胚芽、豆類、卵黄、豚肉、緑黄色野菜などに多く含まれています。

 

ビタミンB2(リボフラビン)…リン酸などと結合して
 補酵素(酵素タンパク質に結合して化学反応を助ける化合物)となり、
 糖質、脂質、タンパク質の代謝に関係します。
 レバー、牛乳、肉、魚、大豆、緑黄色野菜などに多く含まれています。

 

ビタミンB6(ピリドキシン)…体内でのアミノ酸のはたらきに関係しています。
 魚、レバー、肉などに多く含まれています。

 

ビタミンB12(コバラミン)…アミノ酸、タンパク質、核酸、赤血球の生成に関係しています。
 魚介類、レバーなどに多く含まれています。

 

ナイアシン(以前はビタミンB3と言われていました)…体内の補酵素の主成分として、
 糖質、脂質、タンパク質の代謝に関係しています。
 レバー、肉、豆類、緑黄色野菜に多く含まれています。

 

葉酸(以前はビタミンB9と言われていました)…補酵素として核酸の合成やアミノ酸の代謝に関係しています。
 レバー、卵黄、小麦胚芽などに多いです。

 

ビオチン(以前はビタミンB7と言われていました)…体内での脂肪酸の合成、
 糖質やアミノ酸の代謝に関係しています。
 レバー、肉、魚、牛乳、卵黄などに多い。

 

パントテン酸(以前はビタミンB5と言われていました)…補酵素の成分として、
 糖質、脂質、タンパク質の代謝に関係しています。
 レバー、肉、魚、牛乳、卵黄などに多いです。

 

これらのビタミンB群はお互いに働きあい、効果を発揮します。
代謝に関係しているので、ダイエットに効果的なのです。

食物繊維の種類

次に食物繊維です。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
どのような種類があるのかについても記述します。

 

水溶性食物繊維…血糖値・血中コレステロール値の上昇を抑制します。
また、腸内環境を適正化します。

 

主な種類として、ペクチン(果物に多く含まれる)、グアーガム(粘性をあげるのに使われる)、
グルコマンナン(こんにゃくいもの成分)、アルギン酸(海藻に含まれる)などがあります。

 

不溶性食物繊維…整腸作用(腸壁を刺激)、唾液分泌量の増加、満腹感の維持などの働きをします。
主な種類として、セルロース(食物の繊維を形成。野菜類、穀類、豆類、イモ類などに含まれる)、
リグニン(食物の木部に多く含まれる。野菜、豆類などに存在)、
キチン(えび、かに、きのこ類に含まれる)、キトサン(きのこ類、菌類などに含まれる)などがあります。

 

最後に難消化性糖類があります。
これは人体内では消化されにくい糖類のことです。

 

その一つに難消化性オリゴ糖というものがあります。
消化されずに大腸に到達し、腸内細菌の作用で発酵し代謝されます。

 

その際に、便通を改善したり、腸内ビフィズス菌の増殖を促進したりする働きをするとされています。